トップ > Information > 冬休み自然体験キャンプにおける感染症対策について

Information

« 冬休み自然体験キャンプの募集開始について | メイン

冬休み自然体験キャンプにおける感染症対策について


2021冬休み自然体験キャンプにおける感染症対策につきましては、新型コロナウイルス感染症など感染症のまん延が危惧される時期でもあることから、参加するお子様と関わる皆様の健康と安全安心を第一に考え、以下のような対策行いながら実施いたします。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。(2021/11/16)

※PDFファイルでの閲覧をご希望の方はこちら

【活動実施の判断】
・長野県および集合解散地周辺の都道府県に緊急事態宣言が発出されていないこと
・活動実施地域や近隣地域で、新型コロナウイルス感染症等の感染症が拡大傾向にないこと
・都道府県をまたぐ移動の自粛要請が出されていないこと
・その他、安全な活動の実施が見込まれること

【参加者・指導者の参加条件】
・出発10日前からの健康観察や検温において、体調不良等がみられないこと
・出発前日以降に、厚生労働省承認済み新型コロナウイルス抗原検査キットにて各自検査を実施し、陰性を確認していること
・集合時における検温において37.5℃以下であり、体調不良等いずれの感冒症状もないこと
・参加者および同居家族が過去2週間以内に新型コロナウイルス感染症の陽性者・濃厚接触者ではないこと
・活動期間中に体調不良となった場合、保護者が現地まで迎えに来られる体制をとれること
・感染防止において、当会の指示に従うこと

<主な感染症対策>
【事前対応】
kenon_g_s.png

・参加申し込み締め切りは、健康観察期間が始まる出発10日前までとします
出発10日前より検温や体調管理についての記録を行い、各自調剤薬局にて厚生労働省承認済みの新型コロナウイルス抗原検査キットを購入し、出発前日以降に陰性確認を行っていただきます
※体調記録シートは当会より配布します。また、薬局によっては承認済み抗原検査キットを販売していない又は在庫が少ないなどありますので、参加が確定しましたら、お早めにご購入ください
※指導者も同様の記録と検査を実施します

【集合解散時】
mishu_g_s.png
全体での出発式、解散式は行いません
※集合された方から受付(書類の受け渡し、検温等)をし、随時解散とします。お見送りはご遠慮ください
※解散時は、参加者に配布物を手渡したのち解散となります

【検温と健康観察】
ondo_g_s.png

・参加者および指導者は、活動中、朝夕の検温と健康観察を実施します
※観察の結果は各自の体調記録シートに記載し、解散時にお渡しします

【宿泊施設】
shodoku_g_s.png
・募集人数は、各宿泊施設の定員の約半数以下とします
施設内では適宜換気と消毒を実施します
・体調不良者の発生に備え、隔離するための部屋を設定します
・手洗い場等にはペーパータオルを常備し、各所に消毒用アルコールを配置します
※アルペンスキー班で使用する立山プリンスホテルについては、下記ホームページをご覧ください
立山プリンスホテル(感染症対策ページ)
http://www.tateyamaprince.co.jp/info/detail.html?CN=297785

【移動時】
kanki_g_s.png
・往復時のJR移動については、対面での着席をしないようにします
・現地でのバス移動については、悪天候でない限り定期的な換気を行います

【手洗い、マスクの着用】
masuku_g_s.png
室内や移動時は原則マスクの着用を指導します
※参加者の体調を優先し、マスクを外す場合もあります
※屋外での活動時は、マスクを外したり、代用品(雪遊び用のネックウォーマー等)を着用する場合があります
※就寝時のマスク着用は各家庭の判断とします(お子様にお伝えください)
・手洗いやうがいを指導し、適宜、手指の消毒も実施します

【食事】
kaiwa_g_s.png
・密を避けるため出来るだけ間隔を空け、過度な会話の自粛等の指導をします
・配膳は指導者又は宿泊施設スタッフが行い、複数の関わりを避けます

【参加者への声掛けと指導者の役割】
sanmitsu_g_s.png
・出来るだけ室内で密にならないように指導します
・常に指導者が参加者の行動を把握し、適宜、感染症対策を指導していきます
※ご家庭でも、お子様に対して十分お話いただきますようご協力ください

(お願い)
子どもは会話やじゃれ合いの中で友達関係をつくり、遊び学んでいきます。
そのため感染症対策の中には、子どもたちにとって大変なこともあると思います。
しかしながら、一人ひとりがこういったことを意識することが大切ですので、出発前には、ご家庭でもお子様と十分にお話しいただけたら幸いです。
ご協力お願いいたします。

【発熱やその他の症状がみられた場合の対応】
・人権に十分配慮して諸事の対応にあたります
他の参加者と隔離したうえで保護者の方に連絡し、現地での引き取りをお願いします。また、お迎えの際には、感染症拡大防止のため、出来るだけ公共交通機関のご利用は避けてお願いします
・現地での医療機関の受診や検査の必要性等については、医療機関や保健所等と相談し、保護者と連絡をとりながら対応します
・当該活動の他の参加者への連絡や活動継続中止の判断等については、上記対応をふまえて決定します
・活動終了2週間以内に、新型コロナウイルス感染症の陽性者となった場合は必ずご連絡ください。当該活動の参加者全員に状況を伝え、適切な対応をとるようお願いしますのでご了承ください

【活動期間中の連絡先や方法】
活動期間中の緊急を要するご連絡は、下記活動センターおよび担当指導者までお電話ください。

アルプスの里山村生活班

大岡センター

026-266-2037

キッズスキー班

八坂センター

0261-26-2306

アルペンスキー班

担当指導者

活動のしおり送付時にお知らせ

上級スキー班

担当指導者

活動のしおり送付時にお知らせ

(当会から皆様への連絡)
体調不良等当該者に対する緊急を要する連絡は主に電話にて行いますが、その他の連絡事項は、原則お申込み時にご指定のメールアドレスへのメール送信にて行いますので、育てる会ドメイン(sodateru.or.jp)からのメールを受信できるよう、設定と確認をお願いします。

以上、ご不明な点は育てる会東京本部までお問い合わせください。
















©SODATERUKAI All rights reserved.