トップ > 自然体験キャンプ > 冬休み自然体験キャンプ

冬休み自然体験キャンプ

2016年冬の活動は募集を終了いたしました。多数の方のお申込、ありがとうございました。
2017年冬の活動は、2017年10月25日より募集開始予定ですので、決まり次第掲載します。
2017年冬の活動パンフレットをご希望の方は、資料請求・お問い合わせフォームよりご連絡下さい。
(*過去3年の間に活動に参加されたことがある方へは自動的にお送りします。)

2016年冬の自然体験キャンプ(ウィンターキャンプ)のおさそい

2016年 第48回 活動一覧

○:余裕あり □:残り半数程度 △:残りわずか C:キャンセル待ち 満:受付終了
No. 活動名 期間 対象 活動
場所
活動の概要 状況
1 あづみ野
雪国生活班
12/26~12/30
4泊5日
小3~中学生 長野県
八坂
雪国のくらしや自然のふしぎを体験しよう。
山村文化体験コースと自然研究コース。
-
2 幼児・低学年班 年長~小2 長野県
大岡
雪で遊ぼう風の子たち、集団生活入門。
餅つき、探検など。
-
3 アルプスの里
雪国生活班
小3~中学生 白銀のアルプスのもと、雪国のくらしと遊びを満喫しよう。
雪遊び、農家ステイ、餅つきなど。
-
4 キッズ
スキー班
小1~小3 長野県
鹿島槍
スキー活動入門。
アルペンスキーを楽しみながら雪とともだちになろう。
-
5 アルペン
スキー班
小4~中・高生 北アルプスのパウダースノーで思いきり滑ろう。
SAJ公認スキーバッジテストにも挑戦。
-
6 レベルアップ
スキー班
1/3~1/6
3泊4日
小5~中・高・大
バッジテスト3級以上
目指せレベルアップ!パラレルターンをマスターしよう!
SAJ公認スキーバッジテストにも挑戦。
-
※参加費には往復の交通費、傷害保険料及び消費税が含まれています。
会員割引…育てる会正会員(年会費5,000円納入者)は、参加費が2,000円減額となります。詳しくはこちらへ。

参加申込み方法

指導方針及び参加申込みについての注意事項をよくお読みいただき、活動への主旨等をご理解、ご了承の上、お申込みください。

【インターネット】
下記申込みフォームよりお申込み下さい。
2016冬休み自然体験キャンプ インターネット申込フォーム
【郵送またはFAX】
「参加申込書(パンフレットにはさみ込み、または下記よりダウンロード可能)」に必要事項をご記入のうえ、郵送又はFAXにて東京本部までお申込み下さい。
2016冬休み自然体験キャンプ 参加申込書ダウンロード(PDF形式)

※キャンセルについてはこちらをご覧ください。

申込までの流れ

申込までの流れ
※お申込みを取り消される場合、お申込み後7日目(お申込み当日を含めない)から、キャンセル料がかかりますのでご留意ください。

活動オリエンテーション

スライドによる活動紹介の他、活動の主旨内容、持ち物、集合解散の時刻・場所等について「活動のしおり」に沿って説明いたします。特に初めての参加の場合は、是非親子でご出席ください。

【東京会場】
平成28年12月3日(土) 13:30~15:00
国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟309号室
※最寄駅・・・小田急線「参宮橋」駅より徒歩7分
※東京会場では、野外活動用品のサンプル展示を行います。
【大阪会場】
平成26年12月10日(土) 13:30~15:00
アネックスパル法円坂 1号室
※最寄駅・・・ JR・地下鉄「森ノ宮」駅より徒歩10分
【名古屋会場】
平成28年12月11日(日) 13:30~15:00
WINC AICHI 1106号室
※最寄駅・・・ JR「名古屋」駅よりミッドランドスクエア方面徒歩5分

アルペンスキー班・レベルアップスキー班にご参加される方へ

 スキー活動最終日には、東京都スキー連盟所属のやまなみスキークラブ主催による、全日本スキー連盟(SAJ)公認スキーバッジテスト・級別テストを実施します。
 受検級は技能習得度により1級~5級となります。ただし、1級受検については2級を既に取得している方が対象となります。
 なお、1級合格者は、SAJ会員登録費(一般3,000円・高校生1,000円・中学生以下無料)が別途必要となります。

大町市、長野市の子どもたちへ

 きみたちの市で育てる会が活動しています。きみたちもこの活動に参加しませんか?
 ご両親と相談して、遠慮なく申し込んでください。お待ちしています。
 参加費は交通費等が減額されます。

 詳細は東京本部へお問い合わせください。

保護者の皆様へ

自然体験キャンプの様子  育てる会ではこの冬休み、全部で6コースの体験活動を計画しました。
 これらの活動は自然体験をはじめとし集団生活の体験、自己に打ち克つ体験など様々な体験ができるよう組まれていますが、すべての活動に共通していることは“体験の積み重ね”を目的とする育てる会の活動理念です。
 活動に参加し山村から帰った子どもたちが、それまでしなかった自分の身のまわりのことや家の手伝いをするようになったとか、食事作法が身についたなど、たしかに目に見える形として結果の出てくることもあるでしょう。
 しかし何よりも大切なことは、子どもたちがそこでどんな体験をしてきたのかということです。それは体験したからといって、すぐに結果の出るものではないかもしれません。
 しかし長い目で見た時、体験の有無は必ず大きな違いとしてあわられることと思います。
 子どもにここへ行かせてこういう力をつけさせようというのではなく、まず“こういう体験をさせてあげよう”という視点にたち、参加をお考えいただきたいと思います。

 さて、育てる会の活動は「年齢に応じて活動が組まれていること」「単発的ではなく継続的に参加できるように組まれていること」というのが特徴です。
 年齢に応じた無理のない活動を選ぶことができ、また今年はこれに参加し来年はこれに、冬はこれで夏はこれ、というようにステップを踏んで活動を選ぶことができます。
 折角参加させても、興味はあったのに体力がついていかず本人にはつらい思いしか残らなかったということもあります。集団寝食体験の有無・体力・興味関心に応じた無理のない活動をお選びください。
 お子さんの希望を聞くことも忘れずに。

 さあ、この冬休み、お子さんにどんな体験をプレゼントしますか?

※活動内容は、天候その他の条件(特に雪の状態)により変更することもあります。ご了承ください。

活動アンケート

 今後の計画・指導について参考にさせていただきますので、アンケ-トの回答にご協力をお願いします。
 → 活動アンケート回答フォーム




©2012-2017 SODATERUKAI All rights reserved.