トップ > 山村留学 > やまなみだより

やまなみだより

八坂美麻学園 元気な子どもたちの山暮らし日記

炭焼き


・2/6、2/7

6日の朝から7日にかけて炭焼きを行いました。
炭焼きに使う薪は、12月の活動で山から切り出した原木です。1月の週末や学校から早めに帰園した際に薪割りを進め、当日を迎えました。

週末かけて行う予定でしたが、他支部学園との交流や雪中キャンプ等も企画されており、急遽平日に行うことにしました。丁度、インフルエンザによる学級閉鎖で学校が休みとなっていた学園生が朝から手伝いに入りました。

前日から竈の中で火を焚き中をあたためておきました。この日の朝はまだ暖かいかまどの中に入り、薪を立てて並べていく立て込み作業から始まります。
DSC02651.JPG

隙間がないように垂直にきっちり立てていきます。

DSC02663.JPG

かまどの入り口ギリギリまで立てたら、手前で火をつけ、竈の中全体に火が回る状態まで火を焚き続けます。その後、入り口を泥と石で隙間なく埋め、蓋をします。
その後は、煙の臭いや色、煙突から出る煙の熱さや湿りなどの様子をこまめに見ながら、ほぼ24時間体制で調整していきます。

6日の夜には、かまどの前に集まり、炭火で暖を取りながらお湯を沸かしお茶会をしました。

20190208214815.jpg

7日になると煙の臭いや色も変わり、学園生が学校から帰園する時間に合わせて竈の入り口を開けていきました。帰園後、窯出しの作業を行いました。
DSC_0293.JPG

隙間から見える真っ赤に輝く炭の色にみんな感動の声。入り口を開けていくと、次第に顔や体にじりじりとくる熱さを体感。
DSC_0297.JPG

DSC_0275.JPG

専用の道具を使って炭を少しずつ丁寧にかき出していきます。折れないように、少しずつ外気に慣らしながらゆっくり行っていきます。炭を出したらすぐに湿らせた灰をかけ瞬時に冷やします。

DSC_0299.JPG

DSC_0305.JPG

炭を出してからの作業はスピードかつ丁寧さが求められる作業のため、みんなで分担してテキパキと行いました。気が付けばみんな汗だくで半袖の子もいました。

中には、「切り出しから薪割り、炭焼きの作業を全部自分でやってみたい!」という子も。

全部で大きいコンテナ5,6個分の立派な炭が出来上がりました。今後学園活動でも活用していく予定です。


21:13


やまなみ杯・たかがり杯 第2戦


2/4(月)

土曜日が授業参観であったため、この日は休日。前日に続きアルペンスキー活動を行いました。
前日のやまなみ杯・たかがり杯後に「明日もやりたい!」と子どもたちから希望があり、この日も第二回やまなみ杯・たかがり杯を開催しました。
IMG_1934.JPG

IMG_1941.JPG
この日も「1秒でも早く」といった攻めの滑りをしている子が多く、「○○には勝つ!」とそれぞれ目標を決めてレースをしていました。

<やまなみ杯>

総合
DSC_0153.JPG

小学生の部
DSC_0155.JPG

<たかがり杯>
DSC_0159.JPG

スキー初心者の子が継続生に勝ったり、今までなかなか早く滑れなかった子も成長を見せたりと子どもたちは日に日に上達し、成長度合いに驚くばかりです。3月にはスキー検定があります。残りの活動でしっかりと練習を積み、合格できるように頑張ってもらいたいと思います。

夕方に体験入園の子どもたちがきました。夕食後には太鼓の発表もあり、2日間スキー活動で疲れている様子もありましたが、気迫のこもった発表をしていました。
DSC_0149.JPG


11:14


親子スキー・豆まき


2/3(日)

スキー活動4回目は保護者の方々も交じり、爺が岳スキー場にて親子スキー活動を行いました。日ごろから何日も滑っている学園生はいつものようにすいすい滑り、お父さんお母さんに上達ぶりを見せ、驚かせていました。保護者の方々も子どもたちに交ざって滑ったり、各自で滑ったりと和気あいあいとしており、いつもの学園スキーとはまた違った雰囲気でした。

DSC_0068.JPG

DSC_0088.JPG

午後には、学園スキー恒例「やまなみ杯」「たかがり杯」のポールレース大会が行われました。やまなみ杯は、ポール間を上から下までいかに早く降りてこれるかを競い、たかがり杯は自分が予想したタイムと実際のタイムの誤差がいかに小さいかを競います。
DSC_0099.JPG

3、2,1、GO!の合図で飛び出し、颯爽と滑っていきます。
滑走者がスタートすると「○○ファイトー!」と周りの子どもたちも声を出し一人ひとりの滑りを後押しする姿も見られました。

DSC_0118.JPG

DSC_0102.JPG

ゴールをして、「よし!」といった表情をする子や悔しさから顔をゆがめる子など様々でしたが、全員がしっかりゴールをし、下で待っている保護者の方々に温かく迎えられていました。

天候にも恵まれ、良いコンディションで親子スキーの活動を行うことができました。
DSC_0086.JPG

夜には、「やまなみ杯」「たかがり杯」の結果発表と表彰式を行いました。

<やまなみ杯>総合
DSC_0123.JPG

<やまなみ杯>小学生の部
DSC_0128.JPG

<たかがり杯>

DSC_0134.JPG

なんと二冠を達成した子も!

・豆まき
この日は節分ということもあり、豆まきを行いました。昔は季節の変わり目や、年の分かれ目に邪気が入りやすいと言われており、旧暦では新年が春で始まるため「立春」前日の節分に厄払いとして豆まきをします。

子どもたちも鬼が現れると「鬼は外!」「福は内!」と大きな声で豆をまき、鬼退治をしていました。
20190205110700.png

豆まきをしたあとは、落花生を食べました。年の数だけ食べると健康に過ごせると言われていますが、子どもたちも「1つ目、2つ目...」と数えながら食べていました。
DSC02642.JPG

DSC02644.JPG


19:40


休日活動


1/14(月)

3連休最終日は、大根漬けや薪割り、どんど焼きと盛りだくさん。

お世話になっている農家さんが属する地区ごとに、午前中からどんど焼きの準備へ。
20190114_104604.jpg

この地区では、竹を柱にし、周りにカヤ、藁、正月飾りなどを使ってやぐらを作りました。

RIMG1541.JPG

12月に収穫し、干していた大根をたくあん漬けにする体験をしました。調味料と大根と交互にいれ重ねていきました。「これが黄色くなってあのたくあんになるんだ」と不思議そうにしている子も。完成が楽しみです。

IMG_1573.JPG

20190114_140756.jpg

大根漬けが終わると、薪割りへ。12月の原木切り出し作業で切り出した木を、2月の炭焼きへ向けて縦に割る体験をしました。斧を入れる角度や位置が難しく「うまく割れない」と苦戦している子も多かったようです。それでも、パコンと割れると、「おー!」と歓声が起こっていました。

夜は昼間作ったやぐらに火をつけどんど焼きが行われました。
どんど焼きは、一般的に無病息災などを祈る行事で、煙を浴びたり、どんど焼きの火で焼いた餅などを食べることで1年間健康に過ごすことができると言われています。

IMG_1588.JPG

高く舞い上がる炎。少し離れていても顔に熱を感じ「あついね」と炎の威力に圧倒されていました。

IMG_1595.JPG

IMG_1596.JPG

IMG_1599.JPG

炎が落ち着くと餅を網に乗せ焼いていきます。「ちょっと暑いね」と言いながらも餅が良く焼けるようにじっと待っていました。お餅が焼けると砂糖醤油をつけて食べ「お餅おいしいー!」と満面の笑みを浮かべていました。

言い伝え通り、この一年間健康で元気よく過ごしてほしいと思います。


09:33


アルペンスキー活動


1/12(土)

今月最初の週末活動はアルペンスキー。

土曜日は、八坂小児童と希望者が地域行事の「カルタ餅つき大会」へ参加したため、八坂小と希望者の学園生以外でスキーへ出かけました。

土曜日は、久しぶりのスキーだったので、技術レベルごとの班に分かれ、基本から丁寧に練習しました。

20190112_132731(0).jpg

この日は天気も良く最高のコンディションの中で練習ができました!

IMG_1551.JPG

初心者班もさっそくレフトに乗り、コースに出て練習しました。20190112_151257.jpg

板をハの字にしての練習。さすが毎日の通学路で鍛えた足腰。上達スピードははやく、午前中にはターンができるまでに!

1/13(日)

20190113_105855(0).jpg

日曜日も晴天!北アルプスの山々を眺めながら楽しくスキーをすることができました。

午前中は班ごとに講習を受け、午後からはポール練習に挑戦。
「アルペン・競技スキー」と呼ばれるスキーの種目で、ポールで規制されたコースを滑りタイムを競う種目です。
上級者も初心者もスピード感や爽快感を味わいながら次々と滑っていました。
何回か滑った後には実際にタイム計測も行いました。勢いよく滑り転んでいる子やスピードよりも正確さを重視し丁寧に滑る子など、それぞれ自分のペースで滑っている様子でした。

20190113_142835.jpg

20190113_150400.jpg

20190113_150650.jpg

滑り終わった後にはタイムを聞き、「さっきより早くなったー」「もうちょっと早く滑りたいな、次はこうしよう!」と自分の滑りを改善しながら滑っていました。

次のスキー活動は、2月に親子で行われるスキー行事。みんなでタイムレースも行います。

「はやく次のスキー活動にならないかな!」と子どもたちは次の活動に意欲を燃やしていました。夜のスキーミーティングでも目をキラキラと輝かせながら話を聞いていました。


17:19


2019年スタート!


1/8(火)

年が明け学園生がセンターへ帰ってきました。
子どもたちは、「あけましておめでとう!」と声をかけ合い、久しぶりの再会を喜んでいました。

いよいよ3学期が始まります。修園までの時間も残り少なくなりました。

DSC_0010.JPG

IMG_1537.JPG

センターに帰ってくるとすぐ、農家さん宅へ行き新年のあいさつをし、荷物を運び出しました。

DSC_0005.JPG

ひと段落して、時間ができると外へ出ていき、ソリをする子の姿も。
「いえーい!」と久しぶりの雪を楽しんでいました。

夜には学期に1度の班替えを行いました。
誰と一緒になるのかワクワクの様子の中、名前が呼ばれると「お、また一緒だね!」などいろいろな反応がありました。

DSC_0020.JPG

班替えの後は、アンケート。次年度も山村留学を続けるかどうかや、残りの修園までの目標や課題について、それぞれが考えて記入しました。みんな真剣な表情で取り組んでいました。

翌日は始業式。
雪の降る中、たくさんの荷物を持ち「いってきます!」と元気よく出かけていきました。

IMG_1541.JPG

今週末にはアルペンスキー活動や、地域行事のどんど焼き、大根漬けや炭焼き活動へ向けての薪割り等、冬ならではの活動が待っています。


09:43


2018年最後の週末活動


12/15(土)

この週末は大掃除から始まりました。前日の金曜日から始め、土曜日の午前中まで大掃除をしました。大掃除は、家の中をきれいにし、年神様を迎える準備でもあります。2学期中の汚れをとにかく懸命に落としました。

DSC_0008.JPG

「水垢が残らないようにふいてねー」と雑巾と新聞をうまく使ってきれいにします。

DSC_0012.JPG

壁のカビ、風呂桶のヌメリもしっかり落とします!

20181215_082922.jpg

全館のゴミ箱を洗います。外での作業だったので「さむいー」と言いながらも、作業を頑張っていました。

この日は美麻地区を拠点に活動を展開する、「源流美麻太鼓」さんのバチ納め兼30周年記念演奏会にゲストとして呼んでいただき、大町市文化会館で3演目を披露してきました。

会場は大ホール。「広いなー」と会場の雰囲気に圧倒され緊張している子もいましたが、本番ではたくさんのお客さんの前で気迫のこもった演目を発表しました。

DSC_0081.JPG

DSC_0120.JPG

DSC_0087.JPG

DSC_0031.JPG

学園生は大舞台を経験し自信をつけ、また一回り大きくなったように見えました。

夜は、誕生日会!
一日中動き回り、子どもたちもお疲れモードな様子でしたが誕生日会が始まると「誕生日会だ!」「わーいハヤシライス美味しそう!」と元気を取り戻していました。

夕食後の有志では、希望者が自分たちで考えたゲームや劇を披露し笑いを誘っていました。

DSC_0166.JPG

DSC_0167.JPG

DSC_0175.JPG

DSC_0186.JPG

デザートは中3女子手作りのイチゴのショートケーキ!
「いちごたくさんはいってる!」と久しぶりのケーキに思わず笑みがこぼれました。

DSC_0219.JPG

2学期も終わりに近づき、学園生の顔つきも大人っぽくなってきたように見えます。

12/16(日)

いよいよ待ちに待ったスキー活動!前日から「たのしみだなー」とこの日を待ちわびている学園生も大勢いました。

今年は雪がなかなか降らず1週間ほど前まではスキー活動ができるかわからない状況でしたが、何とかスキー場に雪がつき、スキー活動を行うことができました。

20181216_095426.jpg

20181216_101912.jpg

20181216_103617.jpg

経験者の子たちは素早く板をはくと「よし!」と勢いよく滑り出しました。午前中だけであったため、まだまだ物足りない様子でしたが、「次のスキー活動楽しみだな」と年明けのスキー活動への意欲を高めていました。
一方、初めてスキーをする子たちはスキーのはき方、ストックの持ち方から教わり、ちょっとした傾斜で止まる練習をしました。初めてのスキーに「足が重いー」「動きにくい」と慣れないことに苦労していましたが、少し練習をすると「止まれた!」「思ったより簡単だ!」とすぐにコツを覚えていました。


18:48


原木切り出し・野沢菜漬け


12/9(日)

週末に入り急激に冷え込んでおり、この日の朝はマイナス3度。明け方には雪も薄っすらと積もっていました。

雪が降っても労働体験はあります。この日は、原木の切り出しと野沢菜漬けを体験し忙しい一日でした。

センターから美麻方面に行く途中の「女犬原キャンプ場」付近の山へ行き、大町市を拠点に事業を展開する「山仕事創造舎」の方々のご指導のもと、炭焼きに使う原木を切り出しました。

20181209_093339.jpg

のこぎりの使い方、木の切り方を教わり各班1本ずつ協力して木を伐りました。

DSC01705.JPG

IMG_1189.JPG

受け口と追い口という切れ込みを入れますが、受け口を作るのが難しく、「なかなかうまくいかないな」と苦戦している様子でした。それでも引くときに力を入れることを意識し、きれいな受け口を入れていました。最後に、反対側からノコギリで切れ込みを入れます。傾き始め「もう少し頑張れ!」とみんなで声援を送ります。大きな音と共に木が倒れると「お!倒れたー!」とみんなで拍手をしながら喜んでいました。

20181209_110430.jpg

切り倒した木は、協力して車に乗せ炭焼き小屋の薪置き場まで運び作業を終えました。

午後は、野沢菜漬けと大根洗いの作業をしました。
野沢菜漬けは、下洗い、本洗いをしきれいにしてから計測し、1束5キロに分けていきます。

IMG_1208.JPG

DSC_0104.JPG

DSC_0111.JPG

寒い中での作業でしたが、「寒い!」「足先凍っちゃう!」と言いながらも寒さに負けずにせっせと作業をしていました。

今年は、学園の畑で秋に蒔いた野沢菜が大きく育ち、60キロもの野沢菜を漬けることができました。醤油漬けと塩漬けの2種類を作りました。

夜には、次年度の留学を希望する体験入園者が大勢来園しており、太鼓演目を披露しました。


23:33


座禅体験・選択活動


12/8(土)

センター入り後、最初の週末活動。八坂の隣町、池田町にある曹洞宗の成就院で座禅体験をしました。

DSC_0021.JPG

20181209215349.jpg

壁に向かって座り、約30分間座禅をしました。途中、警策で叩かれてみたい人は、自ら合掌をし叩いてもらう体験をしている子もいました。
座禅が終わると「足が痺れたー」と立ち上がるのに苦労している子も。

DSC_0042.JPG

座禅のあとは写経も体験。仏様の絵やお経などを無心で書き写していました。

お寺でお昼を食べ午後は、選択活動。

池田町から大峰高原を通り八坂に向かい歩くグループと、春にお茶碗を作った「相道寺焼」で陶芸を体験するグループに分かれて活動しました。

DSC_0078.JPG

IMG_1167.JPG

歩く組は約15キロの道のりを歩きました。この日は天気も良く、「気持ちいいね!」とサクサク長い道のりもサクサク歩いていました。

DSC01613.JPG

DSC01605.JPG

陶芸体験では、湯飲みやマグカップ、花瓶など自分の好きなものを作りました。春にお茶碗を作っていることもありなかなかの完成度!満足のいく作品ができた様子でした。

選択活動後は、全員で「明日香荘」で温泉に入りました。お湯につかると「あー気持ちい!」と一日の疲れを癒していました。


19:24


山留米


12/5(水)

収穫祭が終わり、そろそろ雪が降るかな?と思いきや記録的な温かさにより、八坂でもまだ雪化粧を見ることはできません。それでも来週には雪予報もあり、待ち遠しく感じます。

今日はセンター入り、子どもたちは約2週間の農家活動を終え、「行ってきましたー!」と元気にセンターに帰ってきました。

本日の夕食は「山留米」の新米!学園生が春から手作業で育て、収穫したお米をみんなで頂きました。

IMG_1123.JPG

IMG_1121.JPG

IMG_1119.JPG

新米は、新米特有のモチモチ感とツヤがあり、噛めば噛むほど甘味が出て、お米だけでもどんどん箸が進みました。子どもたちも「米おいしい!」「やっぱ自分たちで作ったものはおいしいね!」と満足そうでした。

今年は例年に比べて収穫量は少なめで、あと3、4日ほどでなくなってしまいそうです。「それしかないの?」「あんなに頑張ったのにー」と言っている子も。半年間汗水流し頑張って収穫したものを、毎日40人分を食するセンターでは僅か数日で消費してしまうことを知り、農業の大変さとともに農家さんのありがたさを改めて感じたことでしょう。


22:00





©SODATERUKAI All rights reserved.