トップ > 指導者だより

指導者だより

意地でも収穫を


山村留学指導員 大山楽人

 平日の朝、「いってきます!」と元気に登校する子ども達を見送ると、軽トラに乗り込み畑へ。上、中、下と三か所あるセンターの畑を周りながら、野菜の観察、手入れを行う。今年度に入り、畑の担当になった私の日課だ。
 七月になり、順調に収穫が始まった夏野菜。「キュウリ大きくなってた」「トマト少し赤いよ」と子ども達も学校から帰ると嬉しそうに報告してくる。順調に野菜が育っていることにひとまず安堵している今日この頃。

続きを読む"意地でも収穫を"



言ってはいるものの......


山村留学指導員 高木陽光

 時間が経つのは早いもので、一学期が終了。帰省数日前からソワソワしていた学園生たち。「いってきまーす!」と、満面の笑みで元気よく実家へと帰っていった。
 夏休みと言えば、何を思い浮かべるだろうか。天体観測、キャンプ、プール。最高に楽しいアクティビティがたくさんある中、最も忘れてはいけないものは宿題だ。「夏『休み』というくらいだから、宿題も休みにしてくれても」そんな風にも思ってしまう。とはいっても、出されてしまったからにはやらない他はない。

続きを読む"言ってはいるものの......"



『慣れっこ』


山村留学指導員 持山真

 ここ2年は「新型コロナウイルス」の文字を見ない日はない。新聞、テレビやネット、張り紙や看板、どこもかしこもコロナウイルスで持ち切りになっている。耳にタコができそうだと思っているのに、こんな話題をここで出してしまう私もどうかしていると思う。もう世間は慣れっこになっているが、冷静に考えると、とても異様な光景だ。今のこの状態を、数年後には「そんなことあったね」と言える日が来るのだろうか。

続きを読む"『慣れっこ』"



畑での壮絶な戦い


山村留学指導員 稲井祐介

 労を厭わず働く体験、作物を育てる大変さと収穫の喜びを感じる体験を主な目的として、センターでは畑作業を行っている。
 今まで十数年、子どもたちと一緒に畑作業を行ってきたが、自分が畑の活動担当になったのは今年度が初めてだった。

続きを読む"畑での壮絶な戦い"



育てる会であるよりも


山村留学指導員 有坂亮祐

 梅雨の終わりごろから、ひぐらしがなきはじめ、気づいたころにはツクツクボウシがなき始めている。うだるような暑さの八月上旬。このころからすでに夏の終わりを感じさせる声だった。
 新年が明けて早八か月。ブログの一件(「育てる」通巻第635号指導者だより参照)があってから、村の人と関わる機会が劇的に増えた。いや、意図的に積極的にかかわるようにした、といったほうが正しいかもしれない。

続きを読む"育てる会であるよりも"



「言語の師匠」


山村留学指導員 今野利彦

 私が英語村に勤め始めて一年四カ月が経った。新年度を迎えてから、私には大きな変化が一つある。英語村には指導員用の住宅があり、昨年度までの日本人住宅から、今年度はタイ人の職員がいる住宅に身を移した。理由は仕事で必要とされる英語力向上のためである。タイ人と暮らすことと英語力に関係があるのか、と思うかもしれない。しかし彼は、タイ語は勿論、英語も日本語も流暢に話し、更にはスラングまで熟知しているのだ。母国語ではない二カ国の言語を自在に操るコプカ(カー君)。私は彼の学習方法の秘密に迫りたいと思い、居を移す決心をした。

続きを読む"「言語の師匠」"



「楽しみの形」


山村留学指導員 邑上貴厚

 1学期も終盤に近づいてきた7月半ば、南砺市にもようやく夏の陽気が訪れるようになった。センターの横を流れる利賀川では、子どもたちも待ち侘びていた川遊びの活動がスタートした。

続きを読む"「楽しみの形」"



生き生きと


山村留学指導員 寺崎成希

 雨が降っては晴れてみたりを繰り返し、はっきりとしない天気が続き憂鬱な気持ちになる嫌な梅雨の時期。それも手伝ってか、子どもたちの表情もどこか暗く、愚痴や不満を口にする場面を目にすることが増えたように思います。

続きを読む"生き生きと"



やりっぱなし


山村留学指導員 戸田佐和子

 五月中旬、学園の食堂や厨房・トイレの手洗いの蛇口が、吐水口(とすいこう)に手を近づけると水が出る自動水栓に変わった。新型コロナウイルスの接触感染を予防するためだ。非接触で、より衛生的に手洗いを行え、必要な時だけ水を出し自動的に止まるので、節水効果も高い。使用後の閉め忘れがなくなり、「誰?トイレの手洗いの水を出しっぱなしにしていたのは!」と私が声を荒らげることはなくなった。

続きを読む"やりっぱなし"



「畑の体験」


山村留学指導員 伊藤僚

 大岡ひじり学園の畑作の体験は、「土づくりから、自分の口に入るまで」を合言葉に、子どもたちは、自分の畑の領地を貰い、それを春から秋まで自分で管理する「一人一畝百姓」の活動を行なっている。

続きを読む"「畑の体験」"



ミクロのススメ


山村留学指導員 齊藤夏海

 最初の緊急事態宣言が発令された当時、マンションの部屋で缶詰め状態だという報道を多く目にしました。
 私自身も東京にいた頃は、休みは必ずといっていいほど出かけていたので、都会の生活で外に出られないというのが、どれほどのストレスかよくわかりました。

続きを読む"ミクロのススメ"



関わり


山村留学指導員 有坂亮祐

 前号(通巻第635号)で、人のために尽くすことの大切さを知ったことについて書きました。今回はその続きの話になります。

続きを読む"関わり"



「共有すること」


山村留学指導員 江田静香

 英語村は今年で四年目を迎えた。試行錯誤を重ねながら、ようやく『くらぶち英語村』というカタチになってきたように思う。
 ここは全寮制ということもあり、指導員の働き方は人によってさまざまだ。今年度から、平日の生活をサポートする担当と週末の活動を先導する担当に分けることになった。同じ曜日、時間帯に同じ指導員がいることで、日々変化する子ども達の様子をタイムリーで追うことができる。彼らの心の安定と、週末活動の質を向上させることを目的としている。

続きを読む"「共有すること」"



「秘めた力の顕在」


山村留学指導員 山本将寛

 太陽の日差しも暑さも、ますます厳しくなってきた。夏本番を感じる頃だが、話は暑さと涼しさ入り混じる五月に遡る。
 五月初旬、センターで大運動会が開催された。通称「大運会」(留学生が大運動会を大運会と書き間違えたところから、そのように呼ぶこととなった。オリジナル性があり、留学生も指導員もこの言葉が非常に気に入っている)。

続きを読む"「秘めた力の顕在」"



グミの実


山村留学指導員 吉澤かおり

 センター周辺の山々は、淡い緑色から濃い緑色へと変わっていく季節となってきた。この時期、どんどん変わっていく景色に元気をもらう気がする。
 先日、子どもがグミの実を見つけてきたのを他の職員から見せてもらった。グミの実を見て、懐かしく子どもの頃の記憶がよみがえってきた。この時期になると通学路にグミの実がなって、友達とよくとって食べた思い出や、それを大事に箱の中にしまって秘密基地に置いておいたら蟻に食べられていたことなど。遠い記憶に味の記憶もよみがえってきた。

続きを読む"グミの実"



思いやりと、おせっかいと


山村留学指導員 高木陽光

 今年の学園生が入園してから、もうすぐ二か月。山留生活にも慣れがでてきて、余裕も見られるようになった。だんだんと周りを見られるようになってきたことで、人を助けたり、カバーしたりする動きも出来るようになってきたと感じる。他人を思って行動することは、シンプルだが簡単に出来ることではない。学園生は、普段の生活から様々なヒントを拾い、これを体得していく。とても貴重な経験だ。

続きを読む"思いやりと、おせっかいと"



「実際に伝わる郷土料理」


山村留学指導員 持山真

 5月に入り、田んぼ作業が始まりました。近くの田んぼは、どんどん田植えが終わって、緑色になっていきます。
 大岡には「大岡村郷土料理集」という、大岡のお母さんたちが作った冊子があり、大岡に伝わる郷土料理が紹介されています。

続きを読む"「実際に伝わる郷土料理」"



「わたしの山怪」


山村留学指導員 浅平泰地

 『山怪 山人が語る不思議な話』(田中康弘著)を読んだ。全国の山間地域を取材していた筆者が、各地で起こった奇怪な出来事についてとりまとめ出版した。この本は私にある不思議な体験を思い起こさせた。

続きを読む"「わたしの山怪」"



遠回り


山村留学指導員 有坂亮祐

 大川村のブログは毎日更新している。以前は不定期更新で、週に一回あるかないかという頻度だった。ブログに対して、思い入れもなく、読んでくれている人の顔を想像して書くことなどなかった。
 しかし、留学生の保護者からは「いつも、ブログを上げてくださりありがとうございます」と、言われることが多かった。大したことをしていないのに、勘違いした高揚感が生まれたときもある。

続きを読む"遠回り"



「See & Look」


山村留学指導員 主代望都

 気がつけばあっという間に五月も過ぎ、いよいよ梅雨に入ろうとしている。子どもたちはすっかり英語村の生活にも慣れてきた。日々の積み重ねが着実に子どもたちの中に浸透し、習慣となっていくのを肌で感じる毎日だ。

続きを読む"「See & Look」"






©SODATERUKAI All rights reserved.