トップ > 指導者だより

指導者だより

夏の思い出


山村留学指導員 大山楽人

 気づけば、暑さも和らぎ過ごしやすい季節になってきた。「もう秋が来るんだな」と季節の移り変わりの早さに驚く。
 八月下旬には学園生も帰村し、夏の短期活動で慌ただしかったセンターも日常に戻り、落ち着きを取り戻している。

続きを読む"夏の思い出"



また山に登りたい?


山村留学指導員 戸田佐和子

 帰園し、二学期が始まってすぐの週末に木曽駒ケ岳登山をした。毎年、登山計画を立てるものの、ここ数年は様々な理由で中止せざるを得なかったり、日帰りピストンや別の活動に変更したりすること続きだった。だから、中央アルプスの最高峰へ山留生が山小屋泊の山行を決行できたのは久方ぶり。

続きを読む"また山に登りたい?"



毎日眺める山へ


山村留学指導員 坂本明日香

 天気さえ良ければ、アルプスの里大岡からは、素晴らしい北アルプスの山々を眺めることができる。
 飛騨山脈という名前も持つこの山々は本当に美しく、そして力強く、不思議なほどに人々を魅了し続ける力を持っている。朝の澄んだ空気の中に佇む姿、夕焼け空に染まる姿、そして、冬の夜の闇の中に静かに浮かぶ、雪をかぶった姿を見る時、自然の持つ大きな力を感じずにはいられない。

続きを読む"毎日眺める山へ"



朝の生活チェックシート


山村留学指導員 岡坂遼


『やったー、今回十日間パーフェクト!』『○○兄すげ?。』『わー、おれもうちょっと頑張らないと......。』と話す子どもたちの視線の先にあるのは、「朝の生活チェックシート」。洗濯や当番、身の回りの整理整頓などができているかどうか、毎日朝の定時に自己チェックをするチェックシートです。

続きを読む"朝の生活チェックシート"



「話すこと・聞くこと」


山村留学指導員 邑上貴厚

 学園での毎日の生活の中で、心休まる団欒の時といえば、やはり食事の時と言えるだろう。
 皆が食堂へとつどい、ワイワイと話をしながら、料理を口へと運び、楽しい時間が流れていく。

続きを読む"「話すこと・聞くこと」"



継続は力なり


山村留学指導員 有坂亮祐

 鈴木一朗ことイチローが引退して約半年。一時間半にも及ぶ引退会見をこの半年で何回か見た。
 イチローの若いころから、引退までの言葉を聞いていると、イチローは小さいころから何十年にも渡って一貫した考え方を持っているように感じる。

続きを読む"継続は力なり"



二学期の始まり


山村留学指導員 石川寿

 約一か月間の夏休みを家庭で過ごしてきた英語村の留学生たちが八月の終わりに英語村に全員集合しました。送ってきて下さった保護者と別れる際には寂しそうにしていた子ども達でしたが、どの子も夏休み中に家庭で心も体もリフレッシュしてきたと見え、五ヶ月前に見せていた不安気な表情は一切見せることはなく、直ぐに英語村での生活に切りかえることができたようです。とはいっても、家族から離れた異なる環境での生活に一歩踏み出すのにどれほど勇気がいったことか。きっとそこには強い覚悟と決心があったに違いありません。

続きを読む"二学期の始まり"



「個性の強さとエネルギー」


山村留学指導員 伊藤僚

 夏の自然体験キャンプが始まった。いつもは学園生という決まったメンバーで過ごしているが、長期休みになると、さらに多様な子どもたちとの出会いがある。

続きを読む"「個性の強さとエネルギー」"



心のよりどころ


山村留学指導員 高木陽光

「それじゃあ、行ってきます!」と、学園生は笑顔で叫んだ。夏休みに入ったため、実家に帰省する日がやってきたのだ。センターの生活では、我慢することが多い。テレビ、ゲーム、マンガ。何より家族だ。一学期が始まった頃は家族と会えないことが辛くて、全員一回は涙を流した。しかし今では泣く子のほうが少ないだろう。

続きを読む"心のよりどころ"



『命』


山村留学指導員 青木高志

 センターの前庭には、ポランという犬がいます。センターにやってきて7年目。甲斐犬の純血種で国の天然記念物に指定されています。生まれて3か月でやってきた子犬のポランは、学園生皆から可愛がられ、ポラサ【ポランの散歩】係といって、毎朝起床前から係の子が散歩に連れていきます。

続きを読む"『命』"



海三昧


山村留学指導員 稲井祐介

 大田市山村留学センター『三瓶こだま学園』の魅力の一つに、海の活動が挙げられます。

続きを読む"海三昧"



おいしい算数


山村留学指導員 水落碧衣

 午後三時のおやつ。他の子どもにとっては当たり前のように食べているかもしれないが、食べる回数が少ない山村留学生にとっては宝石のようなもの。

続きを読む"おいしい算数"



ゴールデンエイジ


山村留学指導員 有坂亮祐

 例年よりもかなり遅い梅雨入りだった。梅雨が明けるころに一学期の修了式がやってきた。今現在、一年間のうち、三分の一が終わったことになる。

続きを読む"ゴールデンエイジ"



指導員になって


山村留学指導員 江田静香

初めて倉渕(くらぶち)に越してきた日は、忘れもしない。四月なのに雪が降る寒い日だった。東京出身の私は驚きを隠せず、とんでもない田舎に来てしまったのだと感じた。

続きを読む"指導員になって"



蝶と子ども


山村留学指導員 寺崎成希

 山の緑も深くなり、生き物たちの活動も盛んになってきました。

続きを読む"蝶と子ども"



不可解な行動


山村留学指導員 戸田佐和子

 六月初旬のある日、小学生七名は「みどりの少年団」の活動に参加するため、お弁当を持って出かけることになっていた。

続きを読む"不可解な行動"



こころの水やり


山村留学指導員 坂本明日香

 先日ずっと気になっていた講習会へ参加する機会にようやく恵まれました。「ネイチャーゲーム」リーダー養成講座。自然との関わり方は人それぞれですが、これまでの私にはあまり縁のない関わり方の一つだったネイチャーゲームの世界を覗いてみたいと思って会場の長崎・諫早へ赴きました。

続きを読む"こころの水やり"



個人体験より


山村留学指導員 岡坂遼

 一年間の山村留学も一学期が終わりに差しかかるこの頃、中には二学期の収穫祭も見据え、日々、個人体験活動を重ねている子もいます。

続きを読む"個人体験より"



「外へ......」


山村留学指導員 邑上貴厚

 今年度、神河やまびこ学園では、学校から帰ってきてからの時間を有効活用しようということで今までの生活の流れを大きく入れ替えることにした。

続きを読む"「外へ......」"



習慣


山村留学指導員 有坂亮祐

 大川の中学校は部活中心で回っている。小学校では部活はないが、中学生は全員バドミントン部に所属している。この学校は中学生になったら部活は必須なのだ。

続きを読む"習慣"






©SODATERUKAI All rights reserved.