トップ > 指導者だより

指導者だより

夜の自然観察


山村留学指導員 寺崎成希

 子どもたちが寝静まったあとの5?10分の短い時間ですが、夜の自然観察に出かけるのが楽しみになっています。部屋で寝ていると、動物の大きな鳴き声を聞くことがあり、気になって外に見に行ったのがきっかけで自然観察に出かけるようになりました。夏は虫たちの大合唱が聞こえて賑(にぎ)やかな雰囲気でしたが、10月を過ぎると気温も下がり寒くなり始めると虫の鳴き声も聞こえなくなり、山の中は静寂に包まれています。

続きを読む"夜の自然観察"



登山第二弾と収穫祭準備


山村留学指導員 戸田佐和子

 前々号のこの頁に、コロナ禍での登山の活動について書き、下山後の学園生たちの声を聞いて、もう少し本格的な登山に挑戦する機会を作りたいと結んだ。そして、九月下旬に、前回登った高嶺山(たかねやま)より難易度も標高も高い、信州百名山の『大川入山(おおかわいりやま)』登山を計画した。

続きを読む"登山第二弾と収穫祭準備"



半年間の積み重ね


山村留学指導員 伊藤僚

 4月の入園から半年が過ぎ、10月の大岡は秋の農繁期を迎えています。

 学園での農作業は、労働体験・農村文化体験として昔ながらの手作業を多く取り入れているので、なんといっても学園生同士みんなで協力することが欠かせません。学園では春からたくさんの農作業を行ってきましたが、入園して間もない頃に行った田起こし活動や畑の肥料まき活動などは、継続園生が新入園生をリードする形で、「ここをスコップで起こすんだよ。」「集中してやろう!」と声をかけてなんとか進めていました。

続きを読む"半年間の積み重ね"



車の運転と同じ!?


山村留学指導員 稲井祐介

 山村留学では、生まれも育ちも違う子どもたちが異年齢の集団生活を行うため、様々な人間関係のトラブルが生じます。しかし、それは決して悪いことばかりではなく、人との関わり方を学ぶ良い機会でもあります。解決方法は、場面や相手によって多岐にわたります。それを子どもたちにどのように伝えようかと考えている最中、ふと、車の運転と酷似していることに気が付きました。

続きを読む"車の運転と同じ!?"




山村留学指導員 有坂亮祐

 秋が深まるこの季節にも、毎朝、留学生と外にでて朝の集いを行っている。毎日見ているのに、山の色は変化しているように感じない。しかし、それが一週間、一ヶ月と経ったとき、山の色は明らかに変わっているのだ。一日一日見ていても感じ取れない変化の積み重ねが、人が驚くような変化につながる。毎日接していて、子どもたちに成長がないように感じるときがあっても、裏ではしっかりと変化している。赤く染まった葉は、子どもたちと重なって見える。

続きを読む"秋"



「Beyond English」


山村留学指導員 JIA Yinghui

 今年の4月から英語村に配属されて、もう半年以上となりました。コロナ禍がまだ収束されない中でも、英語村はまるで桃源郷のようでした。中国はまだ発展途上国であり、豊かな教育のあるべき姿をあまり経験したことのない私にとっては、英語村での生活を想像だにすることができませんでした。

続きを読む"「Beyond English」"



「大人の個人体験」


山村留学指導員 邑上貴厚

 10月も半ばを過ぎる頃、利賀村ではこれまでの陽気が嘘であるかのように朝晩の冷え込みが激しくなった。晩秋と言うよりは冬の始まりと言ったところだろうか。
 学園では、11月20日に行われる第1回目の収穫祭へ向けて、留学生がそれぞれ演目の練習や、個人体験に精を出す姿が見受けられる。

続きを読む"「大人の個人体験」"



「小学生の宿題時間」


山村留学指導員 谷田怜海

 センターでの平日の夕方、「行ってきました!」と小学生の声が聞こえると私は食堂へ向かう。すると子どもたちは「今日ね、学校でね......」と一日のことをうきうきと報告してくれる。この時間が私にとって、学校生活の様子を理解し得る時間となる。学校が楽しいのか、授業をしっかり受けられているか、友だちと何をして遊ぶのか、毎日学校へ行き確認できるわけではないからこそ、子どもたちからの話が情報源となる。

続きを読む"「小学生の宿題時間」"



祖母の死


山村留学指導員 高木陽光

 先日、祖母が亡くなった。享年一〇五歳。大往生である。兄弟の中でも遅く生まれた私は一番若い孫。曾孫は私の一つ上の年。少しややこしい関係性だが仕方がない。

続きを読む"祖母の死"



『山村留学生たちの姿』


山村留学指導員 福尾静花

 9月15日より大岡ひじり学園での勤務が開始しました。14名の学園生たちが持つさまざまな一面に毎日驚いています。起床してから学園を出発するときは眠そうだったA子さんは、夕食後、太鼓の練習になると背すじがピンと伸び、お腹に響くくらい大きな声で節を歌います。個人体験に取り組んでいるB君は普段の笑顔とは打って変わって真剣な顔で蕎麦生地をこね、丁寧に一本一本切っていきます。宿題の取り組みに苦戦するC君は学園畑で冬野菜の間引きをしながら「おれ、やっぱ農業向いてるかも!」と顔を輝かせ、農業への意気込みを語ります。

続きを読む"『山村留学生たちの姿』"



「石見弁を話す山村留学生」


山村留学指導員 齊藤夏海

 「あめ」か「あめちゃん」か。夕食時、話題に上るのが方言の違いです。三瓶こだま学園には関東、中国、九州、海外で育った子どもたちがいますが大多数は関西出身。私は関東出身。四月にセンター生活を始めた頃は関西の方言ばかりで寂しい気持を感じていました。
 夏休みには、それぞれ地元に戻り八月末にセンターに帰ってきた時には、しばらく子どもたちは自分の地元の言葉を話していました。しかし九月末になると、もちろん子どもによって差がありますが、すっかり石見弁を使いこなしている子もいます。

続きを読む"「石見弁を話す山村留学生」"



「大人になりたい」


山村留学指導員 有坂亮祐

 年齢的に大人になった今、その気持ちがさらに強くなっていく。「大人」というのは単に年齢による枠組み以外の意味合いを持つことがある。
 個人的な話になるが、私にとっての大人の定義は、感情のコントロールができ、他者の視点で物事を考えられ、思いやることができる。しかし、必要な時には自分の考え方を相手に不快感なく、かつ齟齬もなく伝えることができる......、など人としての理想を全て詰め込んだ人物像が、私がイメージする大人だ。
 いつ頃から、そんな大人像が私の中にあったのかはわからないが、大学生になる頃にはすでに存在していたように思う。
 自分がうまくできないことがあったとき、「大人になれたらなぁ」という単語がよく頭の中をめぐる。

続きを読む"「大人になりたい」"



「活動を考える楽しみ」


山村留学指導員 大嶋しおり

 九月の後半、諏訪湖の船舶体験活動を予定していた。英語村の活動では、唯一県外に出かける活動で、小学生・中学生が分かれて、宿泊を伴う活動である。
 子どもたちは、継続生からヨットやカヌーの話を聞き、みんなで楽しみにしていた。しかし、緊急事態宣言の延長で、県外、または不要不急な外出の自粛をすることに決定。予定を変更することになった。

続きを読む"「活動を考える楽しみ」"



「シマヘビ日記」


山村留学指導員 山本将寛

 九月半ば、センターの一室から「ヘビがいます!」という声が聞こえてきた。慌てて駆けつけ、捕獲。そして、臨時のシェルターを作り、観察。捕まえたときは「焼いて食べましょうよ」と楽しく指導員間で話していたものの、すっとした顔つきにぽつんとした眼、とぐろを巻き、舌をチョロチョロと出す姿を見ていると「食べたい」から「飼いたい」に、いつしか心変わりしていた。この日からセンターの新しい仲間となった。

続きを読む"「シマヘビ日記」"



「興味関心の種を」


山村留学指導員 上野芽生

 毎日の「朝の集い」では、日直の指導者が自然に関する話をしている。自然に対する興味のきっかけをつくることが目的だ。
 私は、話す前日には、子どもらが毎日歩く通学路やセンター周辺のフィールドを自分でも歩き、紹介するネタを探す。
 私自身が「何だ。これは?」「面白い!」と興味を持ったものを紹介するようにしているが、似たような植物も多く、植物名の同定もままならない。

続きを読む"「興味関心の種を」"



コロナ禍での登山


山村留学指導員 戸田佐和子

 八月末の週末、隣村にそびえる高嶺山(1,599M)を登った。標高差約670M・往復10?強の日帰り山行。学園生たちには、本格的な登山とは言えないと話したのだが、低い山や緩やかな山でも山頂まで到達することを目的とする場合は登山と言えるらしい。

続きを読む"コロナ禍での登山"



『二学期を迎えて』


山村留学指導員 伊藤僚

 観測史上稀にみる多雨となった今年の梅雨。かと思えば七月は雨が無く「早くお湿りが欲しい」と会う人誰もが言うほど晴れ続き、お盆前には集中豪雨で県内各地に土砂災害があり、育てる会が船舶活動を行っている諏訪湖が氾濫し艇庫が被災する等。
 天候に悩まされ続けた夏も終わり、二学期がやってきた。

続きを読む"『二学期を迎えて』"



「米ポップコーンの思い出」


山村留学指導員 浅平泰地

 最近こんな出来事があった。稲刈りにむけて、刈った稲わらを束ねるのに使うヨリを作る活動をした日のことだ。ヨリとは、昨年収穫した稲を利用し、藁の先の部分をより合わせて作る簡易的な縄のようなものである。活動のあとは、残っているヨリ作りに不要な藁くずを、庭先で焼くことにした。
 ドラム缶に火を焚き、藁くずを入れて燃やしていると突然、あることが起こった。それは、燃えて黒く縮れていく稲わらの中で突然、小さな白い綿花がぽっと開いたような、美しくて子気味のいい現象だった。何が起こったのかといえば、藁くずの中に混ざった、脱穀で取りこぼされた稲穂が火で温められ、中の米粒がポップコーンのようにはじけたのだ。

続きを読む"「米ポップコーンの思い出」"



「外へ出る」


山村留学指導員 有坂亮祐

 今まで、ヒグラシが鳴いていたのに、いつのまにかツクツクボウシの鳴き声が混ざっている。夜も冷え込むようになり、夏が終わりを告げようとしている。
 今年はコロナウイルスの影響で、育てる会の夏行事がなく、子どもがいない夏休みをのんびりと過ごしていた。厳密に言うと、夏行事がなかったのは去年からのことであるし、のんびりと過ごしたと言っても、村の行事の手伝いをしながら過ごす八月だった。

続きを読む"「外へ出る」"



短い夏


山村留学指導員 石川寿

 夏休み期間中、英語村では通年の留学生達が帰省している間、一泊二日の週末キャンプを一つ、そして、短期の三泊から五泊の三つのサマーコースを行いました。
 コロナ禍ということもあり、県内の児童生徒を対象に行いましたが、たくさんの子ども達が参加してくれました。

続きを読む"短い夏"






©SODATERUKAI All rights reserved.