トップ > 指導者だより

指導者だより

「捉え直すことで」


山村留学指導員 赤坂隆宏

 今年度の八坂44期・美麻28期は、30名の学園生でスタートした。
 私自身、山村留学に関わり17年目の春となる。かつ、自分自身も40という節目の歳を迎え、改めてこの山村留学の趣旨、理念を多角的な観点から捉え直す作業により、年間において山村留学に関するあらゆる内容を再構築した形で展開していくことを今年度の目標と決めた。

続きを読む"「捉え直すことで」"



三十七期スタート


山村留学指導員 戸田佐和子

 暖冬とはいえ冬は冬、寒い季節に別れを告げて、心待ちにしていた春が訪れた。
 売木村内で小さな黄色い花をつけたダンコウバイが目を惹きだした四月三日、三十七期生の入園のつどいを行った。学校感染症による出席停止の子が来園できず、全員揃った状態ではなかったが、それぞれがダンコウバイの枝を手に入場。ひとつの飯盒(はんごう)に挿していき、再び花が咲く来春まで皆で力を合わせて生活していくことを誓い、集団生活が始まった。

続きを読む"三十七期スタート"



「山菜採りキャンプ」


山村留学指導員 坂本明日香

 四月三日に第二十三期生の入園のつどいが行われ、十五人での山村留学生活が始まり、はや一ヶ月が過ぎた。センターの周辺では超大型連休に合わせるかのように、桜の花が咲き、雪形の現れた北アルプスを背に、暖かな日差しの下で田畑の作業を始める人々の姿が見られるようになってきた。

続きを読む"「山菜採りキャンプ」"



GW活動より


山村留学指導員 岡坂遼

 異例の十連休となった今年度のゴールデンウィーク。学園でも農作業や地域交流活動、塩炊き、キャンプなどと連日活動が目白押しでした。そんな十日の連休を利用して、学園OBや二十年近く前、大田市山村留学黎明期にリーダーとして活動に携わった方々など、多くの人たちが代わる代わる学園を訪れてくれました。

続きを読む"GW活動より"



「作業の中から見えたもの」


山村留学指導員 邑上貴厚

 新年度が始まって、1ヶ月近くが経った。4月は寒い日が続いた神河でも、ようやく春らしい暖かな日々が続いている。
 神河やまびこ学園は今年度で13期目となる。今年は12名の定員に対し11名の小学生が、共に生活をしている。
 

続きを読む"「作業の中から見えたもの」"



大川村三十三期長期留学


山村留学指導員 有坂亮祐

 四月二十五日、曇り。入村式から約二週間が過ぎた。新規生は、小さい子が多いが大きなケンカやホームシックになる子は思っていたよりも少ない。比較的順調な滑り出しのように思う。

続きを読む"大川村三十三期長期留学"



「くらぶち英語村の生活習慣指導」


山村留学指導員 今野公彦

 標高差のある倉渕(くらぶち)、1か月に渡り桜が舞い続けました。そして桜の季節とともに、ホップ・ステップ・ジャンプのステップにあたるくらぶち英語村の2年目が始まりました。英語村での4月の新しい取り組みについて、お話します。

続きを読む"「くらぶち英語村の生活習慣指導」"



ゴールデンエイジ


山村留学指導員 大山楽人

 「もうすぐスキーの活動が始まるね!」
 収穫祭後そんな話を子どもたちとしてから三か月。早くも七回のアルペンスキー活動を行った。ここまでくると、初心者も経験者もさほど変わらなくなってくる。

続きを読む"ゴールデンエイジ"



判断力


山村留学指導員 戸田佐和子

 少し前、確か新聞記事だったと思うが、読んで、その内容にハッとした。子どもに失敗をさせられない大人たちのことが書かれていたからだ。子どもが大して危ないことをしているわけでもないのに、反射的に叱責口調で「危ない!」が出てくる人たちが多いとのこと。

続きを読む"判断力"



誕生日会のメッセージ


山村留学指導員 坂本明日香

 子どもたちと過ごす中で、個人的に好きな時間の一つに、誕生日会のメッセージの時間がある。
 大体一月に一度、子どもたちの主催で行われる誕生日会の中で、その月に誕生日を迎える主役の子ども(と大人も)は、全員から一人ずつメッセージをもらうのだ。

続きを読む"誕生日会のメッセージ"



北三瓶の教育交流施設


山村留学指導員 稲井祐介

 大田市山村留学センターは、三瓶こだま学園の学園生が山村留学生活を送るための施設ではありますが、それだけでなく、全国の子どもたちに自然体験を提供する場でもあります。また、特に北三瓶の地域の方々や子どもたちには、様々な場面で活用され、大切にされている施設です。

続きを読む"北三瓶の教育交流施設"



「考えて遊ぶ」


山村留学指導員 邑上貴厚

 私は、冬という季節が好きだ。それは冷たい乾燥した空気だったり、目を奪われるような白銀の世界だったりというようないわゆる冬の風物詩的なものが好きだからではない。

続きを読む"「考えて遊ぶ」"



「冬が恋しい」


山村留学指導員 有坂亮祐

 春がやってくる。子どものころから冬の寒さが、春の暖かさに変わる瞬間を待ち焦がれていたはずなのに、どういうわけか今年は春が待ち遠しくはなかった。
 今年の冬は暖かかったように思う。指が痛くなるほどの寒さの中でラジオ体操をした覚えもないし、冬に屋外で震えながら漬物をつくることもなかった。暖かい冬に対して、どこかありがたみを感じていた。

続きを読む"「冬が恋しい」"



「英語村の子ども」


山村留学指導員 大嶋しおり

 黄色、ピンク、白、あちこちで梅が咲き始め、風にのって、ふんわりと花の香りがする。もう春。
 一期生の子どもたちが留学生活を始めて一年が経とうとしている。英語村での生活は、外国人スタッフと、新しい仲間と、自然の中での生活、全てが刺激的だったに違いない。私も日々の出来事、子どもたちの様子に一喜一憂し、毎日、心動かされた。

続きを読む"「英語村の子ども」"



「心を整える」


山村留学指導員 伊藤僚

 十二月初頭、子どもたちと池田町にある成就院という曹洞宗のお寺さんへ坐禅体験に行った。
 この時の和尚さんのお話がとても心に残ったので紹介したい。

続きを読む"「心を整える」"



地域に埋もれている体験材


山村留学指導員 戸田佐和子

 師走の声を聞き、巷ではやれクリスマスだのイルミネーションだのと騒ぎ始めた頃、学園ではお正月準備活動に勤しんだ。クリスマスというイベントが日本に根付いて久しいが、子どもたちにクリスマスとは何か説明できないし、学園でわざわざ取り上げなくても、子どもたちは他の場で否が応でも触れる。いつの間にやら日本の国民的行事となったハロウィンやバレンタインデーなども然り。本来の意味もわからないまま、楽しそうだからやるという考えも悪くはないが、意固地だと思われようが私は、積極的に取り上げない。折角の山村留学中に、巷と同じ様なことをしなくても良いと思うから。

続きを読む"地域に埋もれている体験材"



『継続・退園』


山村留学指導員 青木高志

 新年明けましておめでとうございます。年内に降った雪は根雪になり、センターの周りも白銀の世界になりました。冬休みに入る学園生の帰省と入れ替わりに、短期行事の子どもたちが、大勢大岡を訪れ『幼児低学年班』『山村生活班』ともに、雪遊びや農家生活など、予定通りの活動を無事終了することができました。

続きを読む"『継続・退園』"



紙漉き活動より


山村留学指導員 岡坂遼

 一年間の山村留学をやりきったことを賞し、年度の締めくくりの行事、修園のつどいで子どもたちに渡す「修園賞」という賞状があります。島根県には有名な和紙の産地がいくつかあるということや、子どもたちに紙のなりたちを知って欲しい、また自分達で作ることによってものに愛着を持って欲しいという観点から、毎年十二月ごろに紙漉きの活動を行い、この「修園賞」に使う紙を漉いています。今年度は、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている石州半紙の産地、島根県浜田市三隅町の石州和紙会館で体験をさせていただきました。

続きを読む"紙漉き活動より"



『決断』


山村留学指導員 水落碧衣

 収穫祭を終えるとすぐに、冬が訪れる。今年は暖冬のせいか中々雪が降らず、気温もゼロ度あたりをウロウロ。代わりに田んぼ一面に霜柱が立ち、また違った冬らしさをもたらしてくれている。

続きを読む"『決断』"



感謝の気持ち


山村留学指導員 有坂亮祐

 大川村の人は親切な人が多い。
 舎監で泊まりにくる学校の先生は、センターで壊れていたコンセントを直してくれたり、iPadでの学習のため、ネット環境を整えてくれたりする。ほかにも、受験のための志望理由書が書き終えていない留学生のために、休みの日にもかかわらずセンターにきてくれることもあった。

続きを読む"感謝の気持ち"






©SODATERUKAI All rights reserved.