トップ > 指導者だより

指導者だより

失敗を糧に


山村留学指導員 大山楽人

 夏休み明け、お互いの距離を意識し「なるべく一人でできる事」「密を避ける事」を、気を付けながら活動をしている。
 そんな中、学園生全員でソロデイキャンプをした。ソロキャンプは、二人以上でやるキャンプと訳が違う。みんなでやるキャンプでは、継続生や班の仲間と相談し役割を分担しながらできるが、ソロでは全ての工程を自分で考え、動かなければならない。難易度は劇的に上がる。「考える力」「対応力」発想の「柔軟性」が必要となる。

続きを読む"失敗を糧に"



運よく川遊び!


山村留学指導員 戸田佐和子

 異例尽くしの一学期と夏休みの帰省を終え、学園生たちは二学期始業三日前に帰園。
 例年にない休日ができ、八月下旬の週末も合わせると活動できる日が増えた格好に。売木村も残暑厳しかったが、新型コロナウイルス感染予防や熱中症対策を講じながら幾つかの体験活動を実施。

続きを読む"運よく川遊び!"



トウモロコシ笑顔の大収穫


山村留学指導員 持山 真

 今年は学校へ行けない期間がたくさんあったので、子どもたちは例年より畑作業をこまめにしています。
 厨房には毎日のように子どもたちの育てた野菜がやってくるので、毎食誰かの野菜が食卓に上っています。子どもの野菜を使った日はいつも「今日のピーマンは〇子のピーマンだよ」と紹介するようにしているので、いつ自分の野菜が出てくるか楽しみにしているようです。食に興味のある子は「このナス、揚げびたしにしてね!」とリクエスト付きで持ってくるようになりました。

続きを読む"トウモロコシ笑顔の大収穫"



「ヒマ?」


山村留学指導員 邑上貴厚

 こだま学園の子どもたちは帰園から2週間の間、センターの敷地内のみで生活や活動を行うこととなっている。8月26日の始業式(オンラインでの)が始まるまで、学園内で暇(ひま)を持て余す子がちらほら見受けられたように思う。
 学園の施設内で読書すらも飽きたというような「ヒマ〜」という声。その声を聴いた時、そんなことはないという気持ちと同時に彼らの言葉に共感した自分がいた。

続きを読む"「ヒマ?」"



休み明け


山村留学指導員 有坂亮祐

 夏の終わりはいつも突然やってくる。夜、布団の上で横になっているとき、秋の虫が鳴いていることに気づく。いつから秋の虫が鳴き始めたのか、よく覚えていない。いつも、気づいたときには秋の足音が迫っている。非常に短い期間ではあるが、秋の音に耳を澄ませながら眠りにつくのが、この時期の大きな楽しみだ。

続きを読む"休み明け"



「静寂の食卓から得る学びとは」


山村留学指導員 浅平泰地

 全員が同じ方向を向き黙々と箸を動かしている。静まり返った食卓。こんな様子がもう1週間ほど続いている。
 くらぶち英語村で最も賑やかな時間のひとつは、間違いなく夕食のひと時だろう。いつも賑やかに、その日の出来事などたわいのないことを話す子どもたち。外国人STAFFの英語での質問にも難なく答える。食卓は英会話の実践の場としても貴重だ。しかし、時に、その賑やかさは度が過ぎる。

続きを読む"「静寂の食卓から得る学びとは」"



「考えてみて」


山村留学指導員 寺崎成希

 今年の梅雨は長雨で気が滅入ってしまいそうになりつつも、学園では子どもたちからの元気な声が毎日聞こえ、微笑ましく思う今日この頃。

続きを読む"「考えてみて」"



ネオワイズ彗星


山村留学指導員 高木陽光

 この話が、本誌に載る頃にはもう話題になっていないと思うが、7月現在、内太陽系にネオワイズ彗星が飛来している。今年の3月に発見されたばかりで、4か月後の7月中旬に満を持して地球にも接近してきた。

続きを読む"ネオワイズ彗星"



『腕の見せどころ』


山村留学指導員 青木高志

 長雨が続き、梅雨がなかなか明けず、田畑の作物の出来も、心配されるようになってきました。そんな中でも、子どもたちは元気に生活をしています。
 3月2日より始まった学校の休業も、今年度も引き続き6月1日までが休業となりました。入園してから約2か月もの間、センターでは最大限のウイルス感染予防対策をとりながらも、学校と連携して学習指導支援を行い、制約の多い生活空間の中で、学園カリキュラムに則った生活体験・自然体験活動を展開してきました。

続きを読む"『腕の見せどころ』"



スキルアップ


山村留学指導員 稲井祐介

 山村留学指導員という仕事は、その内容を大きく3つに分けられます。子どもたちの基本的生活習慣の定着を図ったり、人との関わり方についての助言、学習の補助、悩み・相談等の【生活指導】、週末活動の準備や実施、振り返りも含めた【活動指導】、学園通信やフェイスブック、その他原稿などを書いて学園の様子を配信する広報や、金銭の管理等の【事務作業】。
 細かく言えば、この3つに区別されない仕事もたくさんありますが、日常的に大きなウエイトを占めているのは、この3つ。なので、特にこれらの仕事については、日々の経験を積み重ね、また新しいことにチャレンジし、常々スキルアップを心がけています。

続きを読む"スキルアップ"



やってよかった


山村留学指導員 有坂亮祐

 今年の春から、畑作業を始めた。もちろん、留学生もいっしょだが、留学生がいない間、畑の世話をするのは指導員だ。だが、私は畑の世話をするのが苦手だ。

続きを読む"やってよかった"



「畑で育まれる心」


山村留学指導員 主代望都

 夏もいよいよ本番を迎え、植物もさらに生き生きとしてきた。畑の野菜たちもどんどん大きくなり、子ども達は毎日のように喜々として畑へと出かける。
 採れたての野菜を満足そうに頬張りながら帰ってくる子、家族に送ると言って、大切そうに野菜を持って帰ってくる子。自分で頑張って育ててきた野菜だ、喜びも感動もひとしおだろう。

続きを読む"「畑で育まれる心」"



猿と畑と


山村留学指導員 松浦実穂

「猿ってのは、嫌だね」。夏野菜が実り始めるこの時期、八坂・美麻ではこんな声が切実さを帯びる。猿の被害は何年もの間この辺りの課題だ。大町市は今年度、七百万円もの予算を有害鳥獣対策の強化に充てているし、八坂の中学校では、昨年猿を追い払う体験学習をしていた。田畑には柵が年々増えている。私たちだって、猿が出れば騒いでみたり、花火やエアガンを打ってみたり。何にせよ追いついていないのが現状だ。

続きを読む"猿と畑と"



コロナ禍に思う


山村留学指導員 戸田佐和子

 新型コロナウイルスの影響で異例づくしの入園から三か月が経った。登校自粛や臨時休業期間を経て、通常登校が再開され一か月余り。授業時間数を補うため、六月中旬からは日課変更が行われたり、中学生の部活動も始まり、俄かに忙しい日々となった。それでも、学園生たちは柔軟に適応し、例年通り、中だるみする時期に入った。生活の綻(ほころ)びを指摘されたり、乱れた生活を立て直すよう指導されたり、山積する人間関係の課題に直面したりしているのも、例年同様。山留生活は、コロナ禍にあまり左右されていないし、売木村では以前とそれほど暮らしぶりは変わっていないと感じる。恵まれた環境であることや農山村の強みが浮き彫りになった。

続きを読む"コロナ禍に思う"



待つ、そして見届けること


山村留学指導員 伊藤僚

 今年度は、八坂美麻学園と大岡ひじり学園の兼務になりました。よろしくお願いします。
 
 子どもたちの様子を見て、集団生活を送る中で、人間関係トラブルは付きものです。よくある例で「○○が言うこと聞いてくれない」といって悩む子がいたとします。その子が言っていること自体は正しいのですが、それを相手の子が聞いてくれるかは別問題で、大抵は聞いてくれない。そして、指摘している子自身もできていないこともしばしば......(もちろん、私も小さい頃そうでした)。

続きを読む"待つ、そして見届けること"



『日記』


山村留学指導員 水落碧衣

 大人も子どもも、誰もが一回は書いたことがある「日記」。三瓶こだま学園の子どもたちも学校の宿題で日記を書くことがあるが、「今日はこれを書こう!」とスラスラ鉛筆を走らせる子もいれば「何を書けばいいかわからない......」と頭を抱えている子もいる。そんな姿を見るといつも懐かしい気持ちになると同時に、モヤモヤしたものも心の片隅に湧いてくる。

続きを読む"『日記』"




山村留学指導員 有坂亮祐

 朝起きて、ラジオ体操をしてから配膳や部屋の掃除をし、ご飯を食べる。センター生と行うルーティーン。
 朝起きて、部屋の掃除をして、コーヒーを片手にノートを広げる。私の休日のルーティーン。
 最近になってその作業を毎日行うことが苦行になってきた。センターにいるときは頭が仕事モードに入っているので朝のつどいは何の苦もないが、休みの日は違う。仕事関係のノートを開くのが億劫になるのだ。

続きを読む"家"



「留学生に弟子入り志願」


山村留学指導員 今野公彦

 待ちに待った六月、いよいよ長い自粛生活が緩和され、まだ油断はできないが、心は自然と外の世界に向かう。さあ、どこで何をしよう。
 私は子どもたちの体験談に耳を傾けることが大好きだ。子どもたちの体験談には、効果音、感情、感覚などがたっぷり入っていて想像力を掻き立てられる。そして、今すぐにでもその世界に飛び込みたくなる。

続きを読む"「留学生に弟子入り志願」"



「遊び」


山村留学指導員 吉澤かおり

 「失礼します。○○を貸してください」と指導者室を訪ねてくる子どもたち。○○とは、ほとんどが遊び道具である。グローブ、ボール、ラケット、フリスビー、釣り道具、トランプ、百人一首、折り紙。そのほか、糊、ハサミ、マジック、軍手、小刀など。
 これまでは、平日学校に行って、休日は活動が多く、自由な時間はわずかだったので、こんなにも指導者室に来ることが無かった子どもたち。

続きを読む"「遊び」"



夢・目標


山村留学指導員 高木陽光

 ふと過去の自分の夢を振り返ってみた。小学校に上がる前、図鑑で見た宇宙に惹かれ宇宙飛行士になることだった。小学生になってからは、様々な職に目移りした。スタントマン、レーシングドライバー、ハッカー(おそらく悪者)、自衛隊員。

続きを読む"夢・目標"






©SODATERUKAI All rights reserved.