トップ > 指導者だより

指導者だより

「それだけで充分」


山村留学指導員 赤坂隆宏

 今冬、例年にない「雪不足」に見舞われ、センター周辺もやっと積もったと思えば気温が上がり、地面が丸出し状態になる繰り返し。このまま春を迎えてしまうような気分でいたが、ようやく、2月初旬の週末に20センチほどの積雪があり、冬らしい景色が広がった。

続きを読む"「それだけで充分」"



マジカルバナナ♪


山村留学指導員 高木陽光

 三学期に入りスキー活動が始まった。スキーを経験したことがない学園生も、回数を重ねていくうちに道具の名前や滑り方などを覚えていく。荷重・抜重やバックル、ビンディングなどの専門用語も最初は理解できずとも、何度も耳にすることで段々と理解していった。

続きを読む"マジカルバナナ♪"



『暮らしに学ぶ』


山村留学指導員 青木 高志

 この冬は記録的な暖冬と小雪で、地域の方々は「雪かきもしなんで、楽な冬だけど、こう畑の土が出てると、働け働けと言われているみたいで、気持ちが休まらんのう」と話していた。
 確かにセンターの周りも、雪が降ったと喜べばすぐにとけてしまい、とうとう春と間違えて、フキノトウも出始めた。春の訪れの喜びは、厳しい冬を乗り越えてこそ存在するので、もう少し大岡の冬らしくなって欲しいものだ。

続きを読む"『暮らしに学ぶ』"



腕試し! 雪中キャンプ


山村留学指導員 稲井祐介

 例年、三瓶こだま学園では、二月の中旬頃は雪がたくさん積もっているので、キャンプ活動の集大成として、雪中キャンプの活動を組んでいます。今年は全国的に雪が少なく、三瓶もご多分に漏れない状況でしたが、タイミングよく降雪があり、予定通り雪中キャンプを行うことができました。

続きを読む"腕試し! 雪中キャンプ"



『大人になった私の個人体験?銀の馬車道を歩く?』


山村留学指導員 水落碧衣


 収穫祭を終え、心身共にゆとりができる3学期。子どもたちは各個人でやりたいことに精力的に取り組んでいる。そんな姿に刺激を受け、「自分も何かやり遂げてみたい」と思うようになった。
 私は過去の留学生活で、個人体験(当時は個人研究と呼ばれていた)を5回経験しているが、手先を使った細かい作業が多かった。「体全体を使った体験をしたい」「大人になった己の限界に挑戦したい」という二つの動機から、私は"銀の馬車道"に着目した。

続きを読む"『大人になった私の個人体験?銀の馬車道を歩く?』"




山村留学指導員 有坂亮祐

 少年時代の思い出とはなんだろう。学校の友達と修学旅行や移動教室で楽しく過ごしたことだろうか。はたまた、誕生日プレゼントを買ってもらったことだろうか。
 当時はそういった楽しそうなイベントが心待ちだった。しかし、今になって振り返ってみると思い出すのは、なんの変哲もない、ただの平凡な日々が先に頭に浮かんでくる。

続きを読む"道"



英語と私の体験


山村留学指導員 浅平泰地

くらぶち英語村は、その名の通り子供たちが「英語」を学ぶことが一年間の大きなテーマだ。子供たちは日々、外国人スタッフと英語で話しながら生活している。子供たちと活動や生活を共にする日本人指導員も、それぞれ英語が話せる人たちばかりだ。そんな同僚たちと働いていて気がついたことがある。それは、一口に英語といっても、そのとらえ方やこれまでの学習のアプローチが人によってかなり異なるということだ。私自身の英語との付き合い方は、これまでどうだっただろうか。

続きを読む"英語と私の体験"



塩の道を走って


山村留学指導員 大山楽人

 「塩の道を走りたい。」個人体験の内容について相談している時、ある学園生が言った。
 「塩の道」は松本から糸魚川へと続く全長約百二十キロの古道で江戸時代頃に物の流通などで使われていた道だ。

続きを読む"塩の道を走って"



「樹木を知らないと...」


山村留学指導員 戸田佐和子

 正月事始めの頃から、小学生はわら細工教室に参加し正月飾りを作ったり、学園では恒例のお正月準備活動を幾つか行ったりした。

続きを読む"「樹木を知らないと...」"



お雑煮


山村留学指導員 持山真

 お正月の家庭料理としてよく食べられるお雑煮。地域によって、また家庭によって作り方も具材の内容もさまざまです。
 私は三重県出身です。実家のお雑煮は、しょうゆ出汁に牛肉とねぎ、白菜、もち菜が入っていて、お餅は焼かずに煮てあります。同じ三重県内でも、友人の家のお雑煮も元職場のお雑煮もうちとは違うのでとても興味深いです。

続きを読む"お雑煮"



来年度へ向けて


山村留学指導員 岡坂遼

 冬期休暇中、実家へ帰省していた一年間の長期留学生が年を跨(また)いでまたセンターに帰ってきました。子どもたちには帰省前「休み中に来年の進路について親と話し合い結論を出してくること」と伝え送り出していましたので、それぞれ各々の決意を持っての帰園となりました。継続する子、家に帰る子、進学する子、と進路は様々で、それによって来年度に向け、行うべき振舞い方も様々ですが、決意をしたからと言ってその日を境に劇的に行動が変わる事はなかなかなく、新年スタートと同時に忘れ物をする子もいれば相変わらず生活の決められた時間に遅れる子もいたりと「おいおい......」と言いたくなる場面も少なくありません。

続きを読む"来年度へ向けて"



「時には本音で...」


山村留学指導員 邑上貴厚


 2020年の幕開けから少し経った1月5日、神河やまびこ学園の3学期が始まった。
 今年度の冬は日本全国、雪不足に喘あえいでいると聞いているが、こちらも例外ではないようだ。

続きを読む"「時には本音で...」"



子どものころに見たもの


山村留学指導員 有坂亮祐

 十二月の中頃、バドミントンの試合があった。試合のある日は留学生の帰りが遅い。バスは学校に到着するので、早めにセンターを出て、留学生の到着を学校で待つ。
 夜空に星が輝いているのを見て、ふと昔のことを思い出した。

続きを読む"子どものころに見たもの"



異文化の中の日本


山村留学指導員 主代望都

 十二月に入り、本格的に寒い日が続くようになってきた。私が冬で一番好きな時間帯は早朝だ。張り詰めた空気が身に染みる感覚や、東の空が白みかけているのに対して、まだ頭上では星が見える様が美しいと感じる。スタッフが暖炉の火を起こし、子ども達が薪を運ぶ姿にも冬を感じるとともに、平安時代、「枕草子」が書かれた時から現代にいたるまで、人の感性はさして変わっていないのだろう、などと考える。

続きを読む"異文化の中の日本"



「自分を顧みて」


山村留学指導員 寺崎 成希

 今年も収穫祭が無事に終わり、ひと安心かと思うと、あっという間に十二月を迎え、修園まで残り三ヶ月となり、修園に向け動き出した。そんな中、子どもたちと生活をしていると、ふとした時にこんな言葉が頭の隅に浮かんだ。

続きを読む"「自分を顧みて」"



子どもの頃の記憶


山村留学指導員 高木陽光

 子どもの頃の記憶はどのくらい覚えていられるのだろうか?
 自分が学園生だった頃の記憶を思い出そうとすると、割と出てくる。ただそれは、記憶がまだ鮮明な頃に、写真で残っている物を見返して、復習をするかのようにあとから上書きしたものだったりする。純粋に記憶のみの場合どこまで遡ることができるだろう。

続きを読む"子どもの頃の記憶"



嬉々として


山村留学指導員 坂本明日香

 今年度も、大勢の方に足を運んでいただき、収穫祭を盛大に開催することができた。二十三期生が作り上げた収穫祭は、準備は少し遅くなったけれど、二十三期らしい収穫祭になったと感じる。

続きを読む"嬉々として"



手作業だからこその学び


山村留学指導員 稲井祐介

 毎年十二月には、学園の活動で炭焼きを行います。センターの囲炉裏で炭を熾して暖まる以外に、今や炭窯も炭焼きの技術を持つ人も少なくなりつつある貴重な山村文化を子どもたちに体験させることも目的の一つです。

続きを読む"手作業だからこその学び"



『自由活動』


山村留学指導員 水落 碧衣

 四月から十一月までの約半年間の山村留学生活で得たことを「心の収穫」として発表した収穫祭。
 大きな会場で、たくさんの観客に見守られながらの発表は、子どもたちに大きな達成感と自信をもたらせた。しかし、私はひとつの不安を抱いていた。毎年収穫祭が終わるとなんとなく中だるみしてしまい、生活に張りがなくなってしまっているなぁ、と感じていたからだ。残りの留学生活を "消化する"ような過ごし方から何が得られるというのだろうか。

続きを読む"『自由活動』"



行事がいっぱい


山村留学指導員 有坂 亮祐

 大川村では木の葉が下から上に向けて登っていく。早明浦(さめうら)ダム湖面から吹く風が、崖にぶつかり木の葉を巻き込みながら山を登るからだ。今年は紅葉がきれいではないと大川村の人は言う。二年いる程度では私には、その村の四季の移り変わりはわからない。

続きを読む"行事がいっぱい"






©SODATERUKAI All rights reserved.