やさか幼児・低学年班 やさかやまびこ班 やさか山村生活班 やさかチャレンジ班 やさか長期班 やさかファミリー班 自然研究班 サバイバル班 南信濃高原山村生活班 南信濃高原チャレンジ班 南信濃高原長期班 アルプスの里聖高原班 アルプスの里聖高原長期班 ヨット・カヌー班
トップ > 自然体験キャンプ > 自然体験キャンプ レポート

自然体験キャンプ レポート

7月26日 売木センターの様子


今日から南信濃高原山村生活班がスタートしました。

天気は雨が降ったり止んだり......。安定しない天気でした。

今日から30日まで活動は続きます。

新宿、大阪、名古屋に集合した子どもたちがセンター来ました。

DSCF0002.JPG

長い移動で疲れているとおもいきや、そんなことは感じさせない元気さがありました。

今日は最初の活動、"竹箸つくり"をしました。

DSCF0009.JPG

"一本の竹をみんなで分け合う"ことには、"みんなで力を合わせて5日間を過ごそう"という意味が込められています。

慣れないナイフに悪戦苦闘しながらも無事完成し、その日の夕食を自分で作った箸で食べました。

その後は、明日からの予定についてのミーティング。

明日は川が増水しすぎていなければ川遊び。

期待に胸をふくらます子どもたちでした。


23:40


やさかファミリー班3日目


今朝、テントに泊まった子と保護者は片付け後センターへ戻り朝食。

雨は上がっていたので、みんなが楽しみにしていた木崎湖の湖水浴へ。向かう途中、木崎湖が近くなると雨が降り出しましたが、それでもみんなは泳ぐ気満々。

DSCF8076.JPG

さっそく湖の中へ入り、水鉄砲でかけ合ったり、桟橋から飛び込んだりと元気いっぱい。そのうちに雨も止み、午前中一杯思う存分水遊びを楽しみました。

P7240715.JPG

着がえてお弁当を食べ、スイカ割り大会。子どもたちは交替でチャレンジしました。

DSCF8112.JPG

P7240953.JPG

その後、温泉に入り、センターに戻るとそば・うどん打ち体験。

地域のお母さんに来ていただき、そばの打ち方を教わった後にみんなで体験をしました。子どもたちはうどん打ちも体験し、夕飯にはそばやうどん、おやき、てんぷらなどたくさんの料理が並び、みんなでお腹いっぱい食べました。

P7240967.JPG

P7240997.JPG

すっきりと晴れない日が続きましが、明日が最終日。それでもみんな元気に過ごしています。


19:34


やさかファミリー班2日目


昨日からスタートしたやさかファミリー班。今回の参加者は30名です。

集合日の昨日は、日差しが強く、「長野なのにあついよ?」という声も聞こえてきました。

自己紹介等のオリエンテーション後、竹の箸づくりをし、自由時間になると虫捕りに夢中になっていました。

DSCF8006.JPG

DSCF8031.JPG

夜には雨が降って来てしまい、夜のお散歩は出来ませんでしたが、屋根の下で自然のお話などをして消灯。

2日目の今日は、朝からあいにくの雨。

予定していた鷹狩山ハイキングは中止し、大町市内のエネルギー博物館へ行き、館内の体験設備等で存分に遊んできました。その後、お昼はハイキングで登る予定だった鷹狩山の山頂へ車で行き、展望台から大町市内を眺めながらお弁当を食べました。

P7230674.JPG

P7230666.JPG

午後はキャンプ場ではなく、センター前で食事作りを決行。ドラム缶ピザの他、子どもたちが飯ごうでご飯を炊き、大人でハヤシライスのルー作り。その他にも、燻製や、ブルーベリージャム作りなど盛りだくさんでしたが、みんな手際よく、暗くなる前に食べ始めお腹いっぱいに。

P7230699.JPG

DSCF9128.JPG

夜は希望者でキャンプ場のテントへ。

明日は木崎湖水遊びやそば打ちがあります。天候が回復することを祈ります。


21:13


第2回ミニ山村留学 2日目


 2日目は快晴に恵まれました。
 今日は一日諏訪湖での船体験。日差しは暑かったですが適度な風が吹き、みんな思いっきり活動することができました。

DSCF6640.JPG
朝食風景。
みんな朝からしっかりとごはんを食べました。

諏訪湖では、ヨット(クルーザー)、カナディアンカヌー、モーターボートの3種類の船に乗船し、
周りの自然や風を肌で感じることができました。

DSCF6654.JPG
クルーザーでは、風で進むヨットの原理やヨットが自然にやさしい点などを学びました。

DSCF6659.JPG
カヌーは人力で進む船。
風が強く苦労しましたが、水面を近くに感じながら体を動かすのはとても気持ちよかったですね。

DSCF6650.JPG
モーターボートでは、諏訪湖の話をたくさん聞くことができました。

DSCF6673.JPG
最後はみんなで諏訪湖にダイブ!
ライフジャケットを体験する目的ではありましたが、それよりも飛び込むことが楽しかったみんなでした。

帰りの電車では、水に入って疲れたのか、ウトウトする子もたくさんいました。
みんな、楽しかったね!


23:29


第2回ミニ山村留学 1日目


 今日から始まった第2回ミニ山村留学。
 前回よりも多い21名の子どもたちが参加して、元気にスタートしました。
 今回も、アルパカなどの動物とのふれあいや自由時間、夕食バーベキュー、諏訪湖でのヨットカヌー活動と盛りだくさんです。

新宿から特急にのって長野県富士見町に着くと、風が冷たく感じられました。
空も雲が多かったため、予定を繰り上げてまずは「八ヶ岳アルパカ牧場」へ。

KIMG1091.JPG
毛がふかふかで穏やかなアルパカに、みんな興味津々。
エサやりも最初はおっかなびっくりでしたが、徐々に慣れて何度も手を差し出していました。
アルパカ以外にも、ウサギやモルモット、ポニーなどがいて、ターザンロープやスタンプラリーを楽しむことも出来ました。

DSCF6611.JPG
山荘に戻った後は、待ちに待った自由時間。
カエルや虫捕り、花摘み、森のつるでターザンごっこ、おにごっとなど、1時間思う存分遊びました。

DSCF6621.JPG
バーベキューの前にはロープワークもやりました。
難しい結び方だったけど、できた時は喜びいっぱいでした。

DSCF6626.JPG
お待ちかねのバーベキューは、最後に雨が降ってしまいましたが、お腹いっぱい食べて満足することが出来ました。

DSCF6636.JPG
今は雨が降っているのでナイトハイクはできませんが、部屋の中で楽しくおしゃべりをして、消灯時間を待っています。

明日は諏訪湖で船の活動です。
力いっぱい活動できるように、早めに就寝したいと思います。


20:41


第1回ミニ山村留学 2日目


 2日目も快晴に恵まれ、みんな元気いっぱいに活動することができました。

DSCF6561.JPG
山荘裏の畑にいって、ジャガイモやサツマイモ、その他の野菜などを植えました。
写真はリーダーの説明も聞いているところ。
とても暑かったね。

DSCF6555.JPG
まずは鍬で土を掘ってジャガイモ植えです。
各班で一列、等間隔にジャガイモを置き、間に肥料をまいて土をかぶせました。
その後、サツマイモやナス、ピーマン、トマト、キュウリの苗を植え、最後に二十日大根の種をまいて終了しました。

DSCF6579.JPG
次はシイタケの植菌です。
ドリルで穴をあけた原木に、木づちで菌コマを打ち込みます。
みんな楽しくて、夢中になって叩きました。

DSCF6585.JPG
DSCF6586.JPG
生活面では、班ごとに食事をしたりお風呂に入ったり。
お皿洗いも当番でしっかりやってくれました。

今回植えたジャガイモなどは、第3回で収穫します。
2日間、みんなお疲れさまでした!


21:18


第1回ミニ山村留学 1日目


 2017年度のミニ山村留学が今日からスタート。
 第1回の今回は、デイキャンプや畑のジャガイモ植えなどが主な活動になります。
 活動場所の長野県富士見町は、八ヶ岳の麓に広がる高原にあります。
 晴天に恵まれた今日は、お昼過ぎに現地に到着し、自由時間にはカエルを捕まえたり、シロツメグサで花輪を作ったりして遊びました。
 午後3時頃からは、森に囲まれた立場川キャンプ場に移動し、飯盒炊爨をして夕食に美味しいカレーを食べました。

DSCF6512.JPG
新宿駅から特急で富士見町を目指しました。
お弁当を一緒に食べたり、トランプなどをしたりして、すっかり仲良くなったね。

DSCF6518.JPG
すずらん山荘に着いたら、男女に分かれて自己紹介をしました。
女子は食堂で輪になり、学年や住んでいることろなどを、お互いに面白おかしく発表しました。

DSCF6542.JPG
キャンプ場に着いたら、班に分かれて飯盒でご飯を炊きました。
かまど作りや薪拾い、火つけにも挑戦!
なかなか火がつかなくて悪戦苦闘しましたが、およそ2時間かかって何とか炊き上がりました。

DSCF6548.JPG
みんなが頑張って炊いたご飯と、リーダー特製のカレーが今日の夕食です。
ふっくらしたご飯もおこげも、頑張ったみんなにはとっても美味しく感じられたようです。
たくさんお代わりをしてくれました。

キャンプから帰ってお風呂に入り、日記を書いたりして、今はナイトハイクが終わって消灯したところです。
明日は畑でジャガイモや野菜を植えたりします。
天気も晴れ予報なので、ぐっすり休んで明日も元気に活動しましょう!


21:20


3月30日 春の自然体験活動最終日


あっという間の5日間が終わり、八坂の山村留学センターは静まりかえっています。

子どもたち、リーダー、スタッフ総勢180人、無事に八坂を出発しました。

DSC01715.JPG

今日はみんなで荷物整理や片付け、部屋掃除などを分担して行いました。「家に帰って荷物を降ろし、中身を整理・片付けるところまで」が活動です。

これで平成28年度も終了。

短期自然体験活動は、次回は夏の活動になります。4月5日からは、長期山村留学生が32人集合し、1年間の新しい山村留学生活をスタートします。

DSC01694.JPG

参加者のみなさんも、4月からの新年度、頑張っていきましょう!

またやさかで会いましょう!


16:40


3月29日 春の自然体験活動4日目


今日もあたたかな春を感じさせられる1日でした。

アルペンスキー班はスキー検定に挑みました。

WEUE7664.JPG

緊張しながらも、検定員に今回習ってきた成果を見せていました。

IMG_6751.JPG

夜には検定結果の発表と、恒例のお楽しみ会があります。

キッズスキー班は3日間のスキー活動の締め括り。青空広がる気持ちよいスキー場内をたくさん滑りました。最後まで元気いっぱいのキッズスキー班でした。

DSCF6471.JPG

DSCF6478.JPG

幼児低学年班は、春を探しに行き、ふきのとうをたくさん採ってきました。そのふきのとうで、フキ味噌を作りました。ふきのとうの他にも、草花や木の芽など、春をたくさん見つけることができました。フキ味噌はお土産に持ち帰る予定です。

DSC01722.JPG

DSC01738.JPG

山村生活班は、農家活動を終え、お弁当をもらってセンターへ戻りました。それぞれの農家でお別れ会などを開き、農家さんとの別れを惜しんでいました。

CIMG4311.JPG

午後は、竹細工やバードコール作りなど、クラフトを楽しみました。

CIMG4318.JPG

自然研究班は、講師の倉科先生と自然観察をしながら近くの古民家「農村生活体験館」へ行き、囲炉裏で火を焚き、五平餅を作りました。

P3290188.JPG

センターに戻ってから、今回の自然観察の内容を新聞にまとめました。

P3290204.JPG

夜にはそれぞれの班でお別れ会など開いていました。

あっという間に明日は帰る日。荷物をまとめて掃除をします。楽しいこともある中で、「やるべきことはしっかりやる」とこが大切なこと。

最後まで気を抜かず、お家の人に笑顔で「いってきました!」と言えるようにかんばって欲しいと思います。


19:11


3月28日 春の自然体験活動3日目


3日目は、朝から晴れて青空が広がり、日中は気温も高くあたたかく感じられた1日でした。

アルペンスキー班、キッズスキー班は昨日に引き続き鹿島槍スキー場へ出かけ、技術別の班で講習を受けました。

IMG_6730.JPG

IMGP0588.JPG

IMG_6750.JPG

キッズスキー班もたくさん滑りました!元気いっぱい!

DSCF6468.JPG

DSCF6469.JPG

DSCF6448.JPG

幼児低学年班は、お昼前までクラフトをしてお土産作り。自然の物を拾ってきて写真立てを作りました。その後、お弁当を持って楽しみにしていた雪遊びへ。中山高原という、春には菜の花畑になる広い斜面で思う存分雪遊びをしてきました。

DSC01656.JPG

DSC01674.JPG

山村生活班は丸一日農家さん宅で過ごす日。3軒のお宅それぞれで、竹細工、おやき作り、雪遊び、山歩きなどの体験をさせてもらいました。

CIMG4289.JPG

CIMG4287.JPG

CIMG4302.JPG

自然研究班は、講師の倉科先生と一緒にセンター周辺の自然を観察したり、採ってきた葉っぱで葉脈のしおり作りなどをしました。夜には晴れていれば星座の観測をする予定です。

P3280138.JPG

P3280164.JPG

あっという間に活動は明日で終わり。春の兆しもたくさん感じられるようになってきたので、思う存分ここでしかできないことを体験してほしいと思います。


17:39





©2012-2017 SODATERUKAI All rights reserved.